読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力するキリギリス

夕刊フジ「ジェネレーションギャップ研究所」連載中。コラムニスト/プロデューサー吉見鉄也のブログです。

田舎が苦手だ

僕は田舎が嫌いだ

ということを読書感想文として書いてみた

 

ここで言う田舎とは何か

田舎の反対語を都会とする

都会とは「東京23区」ということにしておく

 

でも、こう書いた時点で

違うことに気が付いた

田舎は嫌いではない

正確に言えば「田舎の人」が嫌い

いや、嫌いというよりは「苦手」なのかもしれない

 

これは当たり前かも

関西の人は東京の人のことを嫌う確率が高いと思う

田舎の人が都市部から移住した人と

うまくいかないケースが多いと側聞する

あくまでも相対的な話かもしれないが

 

がしかし、また問題を発見した

「の人」の意味は何だ?

よく江戸っ子と名乗れるのは

三代続けて住んでいることが条件と言われる

京都でもそれに類似した何かしらのルールがありそうな気がする

つまり

今、住んでいるだけでは「の人」ではない

でも

例えば、生まれて2歳までしかいなかった場所が「の人」になることには

何か違和感を感じる

 

なんか話が全然違う方向に進んでしまったが

言葉って難しいな、と思う