読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力するキリギリス

夕刊フジ「ジェネレーションギャップ研究所」連載中。コラムニスト/プロデューサー吉見鉄也のブログです。

本当の意味でのKY

KY

空気が読めない、ですよね

 

KYに関して

その場の空気に合わせていかなくてはいけない

見えない圧力に対する

否定的な意見をよく聞きます

たしかに

過度に同調を強制する風潮は嫌いです

 

でも

世の中には

本当に空気の読めない人も存在するのです

 

「空気が読めない」という言葉が良くないんですよね

なんかソフトな感じがします

そうじゃなくて

「状況を判断できない」ってことなんです、本当は

JHです

もしくは「理解できない」でJRでも良いです

 

で、JR

パターンは二つあります

まず一つは

状況に目が行かず自分のことしか見えていない人

この人は訓練や経験によって

JRから離脱することが可能です

 

問題は二つめ

理解が誤解の人です…JG(笑)

これは困りますね

こういう人に限って

自分の理解に対する信頼度が高いじゃないですか

 

これは自戒も込めて書いているのですが

自分の理解って

どこまで正しいのでしょうか

この答えを適切に教えてくれる師が欲しいです

贅沢な望みですよね、それ