読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力するキリギリス

夕刊フジ「ジェネレーションギャップ研究所」連載中。コラムニスト/プロデューサー吉見鉄也のブログです。

テレビの見方、聞き方

パソコンとか

スマホで見る動画って

「ながら見」が出来ないですよね

それってオジサンだからなんでしょうか

 

小さな画面なので

つい、真剣に見てしまいます

せっかく自分で選んだのだから

ちゃんと見ないと、もったいなくて、という気持ちもあるのかも

 

それに比べて

テレビは適当です

テレビといっても

僕の場合は正確には地上波と無料BSってことですが

適当に選んで

というか

良いものを選択するのではくて

嫌じゃないものを選んで

それを垂れ流し

なんとなく見てる

チラチラ見てる

もちろん、見ていないことも多い

 

もしかしたら

聞くためにテレビをつけているのかも

家に一人でいて

何も音がしないと不安になりませんか

ま、独り暮らしですから

ラジオは残念ながら機械がないし

音楽だと

何を聞くか、凄い悩んでしまうし

気分、気持ちを音楽に引っ張られてしまう危険性もあるので

 

だから

テレビがない生活は考えられません

これって、妙ですか?

普通の人とは

テレビに求めるものが違うのでしょうか?