読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力するキリギリス

夕刊フジ「ジェネレーションギャップ研究所」連載中。コラムニスト/プロデューサー吉見鉄也のブログです。

怒られて笑ってしまう人

怒られて

つい

笑ってしまう人っていますよね

 

別に

怒られたことに対して

文句があるわけではなく

ちゃんと

怒られていることは理解しているのに

笑ってしまう人

脳みそじゃなくて

脊髄で笑っている感じかな

 

どうして、そうなるのか?

まず、第一に

間違ったサバイバル本能

要は

怒られた時は笑った方が自分にとって有利である

というセオリーを身に着けてしまった人

これ

言葉を発することが出来ない

赤ちゃんならば当てはまるかもしれませんね

 

もう一つ

相手がどんな感情で接してきても

笑って返すことしか出来ない人

一種の無感情ですね

とにかく笑う

それが精一杯なのかもしれません

 

普通は怒られたら

神妙な顔をするなり

涙を流すなりして

どうにかしてその場をクリアして

許しを乞うわけですよね

子ども時代は

言い訳をしてクリアしようという無駄な抵抗をするのですが…

 

全く笑わない人と常に笑っている人

どっちを取る?

と言われたら…前者かな

なんか変わりそうな気がしますよね

ちゃんとした方向に