読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力するキリギリス

夕刊フジ「ジェネレーションギャップ研究所」連載中。コラムニスト/プロデューサー吉見鉄也のブログです。

お化粧

住んでいる場所が観光地なので

駅は外国人で溢れています

日本人と外国人(西洋、東洋含めて)の差ですが

女性の場合は

お化粧かと

 

観光地に遊びに行った時に

海外、国内問わずに

お化粧をするものなのでしょうか?

 

そもそも「お化粧」は

何のためにするのか

そこの問題かと思います

 

あくまでも「自分」のためであるならば

絶対的に必要なものとして

どんな時でもお化粧はするでしょう

自分の一部なのだから

 

仕事上で必要とか

パーティーに参加するからとか

彼氏に会うとか

お化粧を、対外的、相対的に捉えるならば

時と場合によって、したりしなかったりするでしょう

 

洋服と同じです

気候や物理的障害から自分を守るために着るのか

周囲に同調するために着るのか

自分をアピールするために着るのか

 

個人的には

電車内でお化粧をする人に対して嫌悪感はゼロです

例えるならば

試験勉強が間に合わなくて

必死で電車で英単語を暗記しているのと一緒

思わず応援したくなります

頑張れ!

間に合えっ!て(笑)