読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

努力するキリギリス

夕刊フジ「ジェネレーションギャップ研究所」連載中。コラムニスト/プロデューサー吉見鉄也のブログです。

就活生へのアドバイス02

さあ、あなたの前には

複数の面接官が並んで座ってます

 

芸能界のノウハウの一つで

オーディションに参加した時は

前に並ぶたくさんの偉そうな人の中で

一番本当に偉いと思う人を選んで

その人の目をずっと見るべし

もし

あなたが選んだ人が

一番偉い人じゃなかったら

その時点で

落選…

 

相手もこちらを見ているのと同様に

こっちも相手を見なくてはいけないのです

もし

あなたが一番偉いと思った人が

一番偉くなかったら

そもそも

その会社とは相性が合っていないのです

社風を読めていないってことですから

ならば

入社したところで

良い結果が待っているとは思えません

 

質問に対する回答が

もし、同様のレベルと判断された場合

その中から誰かを選ばなければならないならば

最終的には

一番偉い人の判断が優先されるはずです

その時に

その人の印象に残っているか、いないか

大きな問題です

 

相手は人間です

コンピューターではありません

ならば

どうすれば勝率があがるのか

シンプルに考えてみては?